観劇のマナーというか気になること

観劇のマナーというか気になること
少し思うことを書いてみます。

観劇ではじまる前や休憩中など席で演技や歌、ダンスについて皆さん、思い思いに話しています。

趣味のあう仲間達の楽しい時間です。
劇の余韻にもひたって良い時間です。

ここで結構な確率で厳しすぎる意見を言っている人がいます。

劇が崩壊してる、あのジェンヌさんの歌が下手すぎる、見た目だけで演技が出来ていない、もう退団したほうがいいなど・・・。

周りに応援している人もますので、周りに気を使ってその手の話はしないほうが良いです。

いったいどの立場から見ているのでしょうか・・・。
横綱審議会のメンバーのような見方で見ている人が多いように思えます。

きっと長年の塚ファンで歴代のレジェンド級のジェンヌさんを沢山見ているのかもしれませんがその人たちと比べているような気がします。下級生やトップになったばかりの人にも容赦ないです。

思うのは自由ですがその言い方は意地悪すぎるを思えることがおおいです。

まるでレストランで出てきた料理を廻まわりに聞こえるように美味しくないというのと同じで聞こえた人たちは気分のいいものではないです。

仲間内だけで話すならともかく観劇前や休憩中の座席やネット上書く時などでは考えたほうが良いですね。

専科の人にもう退団したほうが良いなどと書いてあるの見ると切なくなくなります。

成長していく姿を楽しんだり、専科の人の演技も楽しんだりしてはどうでしょう。

見ているほうも

清く正しく美しくでありたいです