宝塚・観劇当日にチケットを忘れた、チケット持っている友達が来ない時の対処法、お忘れ券での対応策は必見です

観劇当日にチケットを忘れた、チケット持っている友達が来ない時の対処法。

恥ずかしながらチケットを前回観劇したものと間違えてしまい東京宝塚劇場まで来てしまったり、私がチケット持っているのに電車の遅延で遅れた時友人が先に着いて待っていたりしたことがありその時の対処法を日記にしてみます。

結果的には対処次第でしっかり観劇は可能です。

先ず大事なのはチケットの写真をスマホで撮って日にちと座席がわかるように撮っておきます。そして観劇仲間にもその人が座る座席分の写真を撮ってラインにでも当日前に送っておくことです。

一見面倒ではありますがこれさえやっておけば何とかなるのです。

先ずは自分がチケット持っているのに遅れてしまったときは友人に遅れる旨をメールをしてお忘れ券として入りたいとスタッフに伝えることです。座席の写真さえあれば名前などを書いたら開演前に入れてもらえます。
チケットは自分が遅れて着いた後でチケットをもって休憩中か観劇後に見せに行きます。全国ツアーのときでもこのやり方で大丈夫です。

チケットを持っていない友人が遅れてきた場合は東京宝塚では座席券お預かり用紙に書いてその旨を友人に伝えましょう、写真も撮って送っておくと友人が楽です。

チケットを忘れてしまって座席がわからない時は一番苦労します、まず家に居る家族に連絡して写真を送ってもらえれば大丈夫です、チケットは後日見せて欲しいといわれますがそれで入ることが可能です。

うわさ半分ですので確証はないのですが結局座席がわからない時は入り口で購入者の名前やぴあで買った、友の会で買ったと申告して宝塚歌劇団側が確認できたら仮のチケットで入ることも可能らしいです、その交渉がダメそうなら3時間の観劇のなかで往復できるのであれば家まで取りに帰りましょう。

わたしもチケットなど忘れるタイプでなないですが何度も行っていると惰性になりチケット忘れたりしてしまいますのでとにかくチケットの写真だけは先に撮っておくことと友人にも送っておくことです。

どうしても人身事故などで遅れてしまうこともありますがこのやり方で入場できますので記憶の片隅において置いてください。最悪自分が遅れても仕方ないですが友人まで見れないでは申し訳ないですしね、
同じように友人がチケット持っている場合は写真送っていてと伝えてもらっておくことが大事です。